ヨーロッパ

【安いお店がいっぱい?】フィレンツェでおすすめのご飯屋さんを3つ紹介します。

カイト

こんにちは、カイトです。

フィレンツェはイタリアの中でも比較的治安が良く、多くの観光客が訪れる都市ですよね。

実際、自分の周りでイタリアに行った友人は、みんなフィレンツェへ行っている印象です。

そんなフィレンツェですが、安くて美味しい飲食店がたくさんあります。

ということで今回の記事では、自分が実際にフィレンツェに訪れたときの経験を基に、おすすめのお店を3つ紹介します。

All’Antico Vinaio

まず紹介するのは、All’Antico Vinaioです。

ここは、フィレンツェで有名なサンドウィッチ屋さんです。

カイト

こちらのお店は、フィレンツェに向かう新幹線で隣に座っていた、ローマ出身の女子大生が教えてくれました。

人気のお店だけあって、長蛇の列が出来ていました。

このお店は、道路の両側に軒を連ねていて、列もそれぞれの店に出来ています

短めの列を見つけて並びましょう!

メモ

店内にはカタカナのコを描くような形で列が出来ています。

店内は狭く、注文スペースのみです。

食事スペースはないので、注意しましょう。

また、下の写真を見るとわかるかもしれませんが、英語メニューはなく、壁にイタリア語で書かれたメニューが貼ってあるのみです。

食べたいサンドウィッチがあれば、事前に調べて注文する用意をしておきましょう!

メニューはこちらから確認できます(英語です。)

手前のカウンターの前にたどり着くと、目の前にいるお兄ちゃんに注文を頼みます

店内の様子。

前のお客さんが注文を言ったら、様子を見て、自分から注文内容を言いましょう。「注文は何ですか?」と聞かれるのを待っていると、忘れ去られます。(なんならどんどん後ろの人たちが注文を言っていきます笑)

注文を頼むと、お兄さんが目の前で、ハムをカットしパンに具材を載せていきます

カイト

僕は何の下調べもしない行き、注文の際も唯一読むことのできた、La SUMMERという名前のサンドウィッチを購入した覚えがあります。

何となくで頼んだこのサンドウィッチですが、ちゃくちゃ美味しかったです。

まずトスカナ地方の名産である、ハム。これが美味しかったです。このハム、かなり塩分が効いていました。塩分を気にしている人や塩辛すぎるのが苦手な人には、塩分が多く感じるかもしれませんが味がしっかりついていておいしかったです。

そして僕が頼んだサンドウィッチは、この塩分たっぷりのハムと、トマトとレタスの組み合わせが最高でした。

店内に食べるスペースはなかったので、僕は近くの路上で食べていました

メモ

具体的には、お店から徒歩30秒くらいの、Loggia del grano di G. Parigi del Seicentoという建築物の前にあった、オブジェ(座っていいもの)に座って食べていました。

またここら辺は非常にカラスやらハトやらが多いです。

何か食べる際は周りにいる鳥たちにも十分注意しましょう。

しっかり味のついたハムと、豊富な種類から選ぶことのできる、All’Antico Vinaioのサンドウィッチ。

とてもおすすめなので、是非食べてみてくださいね!

Ostaria dei Centopoveri

次に紹介するのが、Ostaria dei Centopoveriです。

メモ

Googleのレビューが5000件越えの超人気店のようです。ホテルのクラークさんにもこのレストランをおススメされました。

ここは事前にYouTubeで見つけたレストランで、ずっと行ってみたかったところです。

ここはランチが非常にお得なことで有名で、€12ワイン+水+料理2品(+バケット)のランチセットを頼めます。(2023年8月現在)

カイト

2022年の夏にヨーロッパを2週間ほど滞在していた際、色々なレストランに行きましたが、この値段でこの量とクオリティーは破格です!!

ただ僕がランチを食べようとしていた日はなんと定休日だったので、前の日の夜にここで夜ご飯を頂きました。

僕は、夜に訪れましたが、店前から多くの人が店の外で待っていました

ただ僕は独り身だったからか、空いてる席にすんなりと座らせてくれました。

メモ

観光客はもちろんのこと、現地の方も多く来られている印象のお店でした。

非常に人気なお店のようなので、すぐに入ることはできないと思っておきましょう!

僕はここで、チーズとハムの盛り合わせ、パスタ、水、ワインを注文しました。

値段は、€28(¥3800ほど)でした。

参考

僕が旅行をしていた、2022年の夏は€1=¥135-140くらいのレートでした。

ただこの記事を執筆している2023年9月のレートをみると、€1=¥158です。このレートに当てはめると、€28=¥4430です。

かなり円安が進んでいるので、ここで紹介する額面以上にすべてモノもが高額に感じると思います…。

€28なので、正直破格の安さ!とはなりませんが、それでもヨーロッパ内でみれば十分に安い方です。

ワイン+水+ハム&チーズ(+バケット)

ハムはトスカナ地方特有なのでしょうか、サンドイッチ屋で食べたのと同様に、非常に塩分が効いていておいしかったです。

チーズは若干臭みがあったので、好き嫌いは分かれるかもしれません。

僕はワインに合い、非常においしいと感じました。

パスタが到着。

パスタも味が効いていて非常においしかったです。

何より、パスタも(今回は頼んでいませんが)ピザも種類は豊富です!

友達と来店して、色々な食べ物をシェアするのもありだと思います。

メモ

メニューには、Tボーンステーキ(€45)や、グリルドステーキ(€22)なんかもありました。

自分は一人で来店していたため、これらを注文するのは断念していました。

隣に座っていたファミリーは、ステーキを注文していましたが、これがすごくおいしそうでした。

ぜひ、二人以上で来店される際は、こちらの注文も検討してみてはいかがでしょうか

メニューも豊富で、提供も爆速。コスパも良いこのレストランも是非訪れてみてはいかがでしょうか?

Trattoria Il Contadino

最後に紹介したいのは、Trattoria Il Contadinoというお店です。

ここは、適当に街ブラをして見つけたお店です。

カイト

店頭に掲げられた、メニューの安さにつられて入ってしまいました(笑)

ここは、僕が訪れた2022年夏に訪れたとき、€9(メインが1品)、€12(メインが2品)でした。

メモ

piatto a secelta選択料理という意味で、Contorni付け合わせという意味です。

Antipasti前菜Primi Piatti第1の皿の意味で主に、主食系のメニュー(パスタなど)が書いてあるそうです。

Secondo Piatti第2の皿の意味で、肉料理・魚料理が書いてあるそうです。

僕は何もわからずに、フィーリングでメニュー等を選んでいましたが、これくらいの言葉は覚えておくといいと旅行が楽になると思います!

是非覚えておきましょう!

僕は€9メイン1品(パスタを注文)+(付け合わせ)ポテト+ワイン+水+お通し(パン)のセットを注文しました。

これが€9は十分すぎます!!

パスタも、クリームベースで非常においしく、これまた赤ワインとよく合いました。(この日は昼から贅沢に赤ワインを堪能しました笑)

ボリュームも満点で、大満足の一皿でした!

みなさんも行くところに迷ったら、是非このお店を訪れてみてはいかかでしょうか?

まとめ。

ということで、今回は僕が実際にフィレンツェで訪れてよかった、おすすめのレストランを紹介しました。

フィレンツェに訪れることがあれば、是非参考にしてみてはいかがでしょうか?

-ヨーロッパ